窓際の暑さでお困りのお客様へ

窓際を涼しくし、節電効果も大きいiQUEフィルム

真夏日、見晴らしの良いガラスのそばの席に座っていると、エアコンで室内空調が充分であるにも関わらず日差しを暑く感じます。これは室内の温度のせいではなく、窓から侵入した日射(赤外線)が直接人肌を暖めてしまうからです。 そもそも夏の熱気はどうして部屋を暖めるのでしょうか?実は、熱さは3つのルートで部屋に入り込んできます。第一が、熱対流。これは、温度の違う物質が実際に混ざり合って同じ温度になる現象を言いますが、簡単に言えば、換気などで暖かい空気が室内に入ってしまい、部屋を暑くなることを言います。第二が、熱伝導。これは、接した2種類の物質の分子の振動の激しさが伝わる現象を言いますが、簡単に言えば、野外の熱がまずは窓ガラスを暖め、その窓ガラスが次に部屋の空気を暖めてしまい、結果として部屋が暑くなることを言います。第三が、熱放射。これは、熱い物質が赤外線を放出し、真空や空気を通り抜けて別の物質に吸収され熱に戻る現象を言いますが、簡単に言えば、太陽が発した強い日射が、窓ガラスを通り抜けて人やカーペットにあたり、そこが暑くなることを指します。 暑さ対策もそれぞれで異なります。熱対流を予防するには、建物全体を高気密に、熱伝導を予防するには、窓ガラスや壁を高断熱に、熱放射を予防するには、太陽光が通り抜ける窓ガラスで赤外線を遮断するのが良いと言われます。 そして夏場の窓の暑さの原因の大半は、日射熱。つまり窓ガラスを、赤外線を高度に遮断しないと効果が実感できません。複層ガラスで夏の窓際の暑さが軽減されないのは、赤外線対策が足りないからです。 窓際の暑さが気になる方は、遠慮なくご相談下さい。iQUEフィルムなら、お客様のベストアンサーがきっと見つかります。

目次

iQUEフィルムを試してみよう!

a02-2

様々な日射調整フィルムの日射透過率の比較

日射調整フィルムの大事な二つの特性、部屋の明るさを決める可視光線透過率(明かりの通りやすさ)と、窓際の暑さを決める日射熱取得率(日射熱の通りやすさ)は、実は類似した特性です。だから一般的に、明るいフィルムは日射熱もたくさん通して暑苦しく、日射熱をよく遮蔽するフィルムは部屋が暗くなりがち。だから、一番性能が良い日射調整フィルムとは、その光効率が一番良いフィルムと言われます。

【光効率】 0.88 x 【可視光線透過率】
【日射熱取得率】

iQUEフィルムは光効率がNo.1の日射調整フィルムです。だから、部屋が明るいままで、大きな遮熱効果が期待できます。

遮熱フィルム(日射調整フィルムの選び方)

性能の良し悪しがわかりにくい日射調整フィルム。一般には、遮蔽係数で比較するのが簡単です。遮蔽係数とは、ガラスの日射熱取得率との比較値で、フィルムを貼ると窓ガラスを透過する日射熱が何パーセントになるかを表す指標です。

遮蔽係数 フィルムの日射熱取得率
0.88(ガラスの日射熱取得率)

一般に、遮蔽係数が0.60を下回ると遮熱効果がよく体感でき、0.80を上回ると遮熱効果がよくわからないと言われています。つまり、遮蔽係数がなるべく小さいものを選ぶのが、効果が体感できて、後悔しない日射調整フィルムの選び方になります。

ただ、遮蔽係数が小さければ何でも良いというわけでもありません。合わせて確認したいのが、可視光透過率になります。これは、そのフィルムがどれがけ明かりを通しやすいかを表す指標で、大きいほど室内が明るくなり、70%を超えるとほぼ透明と言って良いと言われています。西日対策として可視光透過率が小さな遮光フィルムのご相談も、良く承りますが、可視光透過率が50%を下回る様な日射調整フィルムは、曇りの日に部屋が暗くなってしまうので、実はあまりお勧めはしません。おおむね50%~80%の中から選ぶことをお勧めします。

また、窓が他人の目につく場所に向いている場合は、可視光反射率にも注意することをお勧めします。これは、そのフィルムがどれだけ明かりを反射しているかを表す指標で、大きいほどガラスがキラキラと輝いていることを意味します。一般的なガラスの可視光反射率は10%前後なので、これを大きく超える場合は、外から見てガラスが眩しく光ってし まう可能性があります。これは、“光害”として、まれに様々な問題が発生していると伺います。道路に反射した窓の眩しい光がドライバーの目に入り、思わぬ交通事故の原因となる。なんてことが無いように、充分配慮した方が良いと考えます。

熱貫流率も良く話題になりますが、結露防止をご検討の場合はその数値が3.0未満となっているかどうかをご確認下さい。結露防止で効果があるといわれている複層ガラスの熱貫流率は、概ね3.0未満の優れた性能を満たしています。また熱貫流率の数字の大小ではなく、内部結露をしないことが明記されている商品を選ぶことも賢い選択の一つになります。

クリアフロート
 

 

省エネ効果を検討される場合は、詳細な省エネ効果の試算を行われることをお勧めします。省エネ効果は、遮蔽係数と熱貫流率の両方の効果で決まる上、地域によってどちらがより重要かも異なります。また窓の大きさや向きによっても変わってしまいます。
よろしければ、我々にお客様の“今”をお聞かせ下さい。お客様からお預かりした情報をもとに、iQUEフィルムを導入したときの省エネ効果を試算致します。

『効果を納得してから、導入して頂きたい。』

そんな想いからこの試算では、お客様のご事情に合わせて正直に計算させて頂いております。結果として、良い試算結果にならない場合もございます。あしからずご容赦下さい。

ショールームで体験してみる

遮蔽係数が0.60を下回るiQUEフィルムの遮熱効果は誰でも簡単に体感できます。あなたも一度体験してみませんか?
パナックアドバンス(株)では、iQUEの優れた遮熱効果を全身で体感できる専用のショールームをご用意しています。普通のガラスに施工した時の遮熱効果だけでなく、積層ガラスに施工した場合でも、その遮熱効果の違いが体感できます。ご興味のある方は、是非一度お問合せの上、ご訪問下さい。

 

 

【iQUE東京ショールームのご案内】
【アクセス】
JR線新日本橋より徒歩5分 / 銀座線三越前駅より徒歩5分 / 日比谷線小伝馬町より徒歩5分

【開館時間】
10:00~18:00(火~金)/13:00~18:00(月・土)/休館日(日祝・年末年始)

ショールームのご見学は予約制になります。見学のご希望は下記まで御連絡下さい。
パナックアドバンス株式会社 管理部 担当:石井
TEL:03-5442-8782
E-mail:h2851ish@panac.co.jp

出張訪問で体験してみる

 

 

iQUEフィルムの遮熱効果はどこでも簡単に体感できます。みなさんで一緒に体験してみませんか?
iQUEの優れた遮熱効果をみなさまの手で実際に体感できるキャリータイプの体感セットもご用意しています。大勢の方で一緒に体感したい場合や、検討中の他社製品との比較体感を行いたい場合は遠慮なくご相談下さい。普通のガラスに施工した時の遮熱効果に限りますが、その遮熱効果の違いが体感できます。
ご興味のある方は遠慮なく弊社またはフランチャイズ店までお問合せ下さい。

※比較検討される他社製品はお客様自身でご準備頂けますようお願い致します。

ご自身で体験してみる

 

 

iQUEフィルムの遮熱効果は、ご自身でも簡単に体感できます。
遠方にお住まいの方、あるいは忙しくて時間が取りにくい方は、iQUEの優れた遮熱効果をご自身で効果を確認することもできます。
まずは昔ながらのフィラメント電球をご準備下さい。スタンドに電球を取り付けて点灯させると、光の当たっている場所が熱くなっているのがわかると思います。今度は、iQUEフィルム越しに電球の熱を感じてみて下さい。ほら、暑さがぜんぜん違うでしょう?これがiQUEフィルムの優れた遮熱効果です。
ご興味のある方は遠慮なく弊社またはフランチャイズ店までお問合せ下さい。体感用のサンプルをご準備させて頂きます。

※電球に直接触れる行為は絶対にお止め下さい。火傷の原因となります。

施工予定場所で効果を実測してみる

 

 

遮熱効果を導入予定の建物で実際に確認したい。
そんなお客様のご要望にもお応えします。
iQUEフィルムの小さなカットサンプルと専用の測定装置で、窓ガラスから差し込む日射熱量を実測してみませんか?
性能の良し悪しがわかりにくい日射調整機能を数値化して、期待通りの効果が得られるかどうか、実際に検証してみましょう。
測定は1週間程度行います。晴れの日や雨の日でどの程度日射が入ってくるのか、iQUEフィルムを施工すると、その日射がどれくらい減少するかを、全て数値化。その比率から、遮蔽係数を実測します。
省エネ効果の予測と合わせて御検討頂ければ、その効果がわかりやすくなりますので、省エネ効果の試算と合わせてご検討下さい。

試験施工で効果を確認する

 

 

1フロアだけ。1部屋だけ。1枚だけ。例えばお客様が最もお困りの1箇所に、先行して試験施工を行ってみませんか?
お客様の建物の中に、小さなiQUEショールームを設置すれば、お客様自身の日常で、iQUEの優れた遮熱効果をご確認できます。
試験施工は有償のサービスとなりますが、大きな設備投資で失敗しないためにと、試験施工(部分的な先行採用)を決断されるお客様も増えてきています。
試験施工のご用命は、弊社またはフランチャイズ店まで、いつでも遠慮なくお申し付け下さい。

遠赤外線を反射するiQUEの様々な効果

冬の省エネ効果

モノは暖められると、輻射熱(遠赤外線)を放出します。輻射熱の強度と波長は、モノの特性と温度によって異なりますが、太陽光(日射)には含まれない遠赤外線が、場合によっては数百W/m²も放出されています。冬の室内の暖気が窓から外に逃げる原因の一つは、実はこの輻射熱なんです。輻射熱(遠赤外線)まできちんと反射できるiQUEフィルムは、実は冬の暖房の省エネ化にも大いに役立ちます。(特に輻射熱型暖房機の省エネ化には高い効果が期待されます。)
効果の実証する、簡単な実験結果を示します。

電磁遮蔽機能

 

 

不法電波はもちろん、電車(架線)や高圧電線などで発生した電磁波、隣のビルからもれてきた無線などが、建物内の設備に悪影響を与えることもしばしば。外からの電波の侵入だけでなく、無線マイクや室内無線LANの情報が建物の外に漏れて、盗聴されているかもしれません。
iQUEフィルム(73FG)は、実は、遠赤外線を飛び越して、3000MHz以上の電磁波まできちんと遮蔽するフィルムです。だから、無線の混線や装置の誤作動を予防します。また、無線情報の漏洩防止や盗聴対策にも一役を担います。
遮熱・省エネだけでなく、同時に情報セキュリティにも貢献する。iQUEフィルムは、一石二鳥な効果が期待できる優れものです。

節電効果を高めるために取り組みたいこと

iQUEフィルムは、節電・省エネにも優れた効果を発揮します。夏場の電気代でお困りの方は、一度iQUEフィルムの導入を御検討下さい。

施設の省エネ改修に関する基本的な考え方

室内の温度を一定に保つためには、その空間に出入りあるいは発生した熱量を空調設備が除去あるいは追加することになります。つまり、温調された室内で、いったいどの程度の熱量が出入りし、あるいはどの程度の熱量が発生しているのかを把握することが、室内空間の省エネ化を考える時の第一歩になります。
室内空間に出入り、あるいは発生する熱量(これを熱負荷と称し、室内の熱量が増加するときに正とします。)には、様々な過程があります(表1)

表1:熱負荷の発生源と一般的な改修プラン

熱的負荷 現状 一般的な改修プラン
外部からの熱の流入 換気による外気流入 主に乾燥と脱臭を目的に
設定される。
空気清浄機で換気量を
半減させる。
壁からの熱伝達 壁の素材が高性能化して
近年、寄与が低下。
天井を遮光する。遮熱塗料/PVパネルなど。
窓からの熱伝達
(Ex:ガラスが熱い)
一般的に、外部から侵入する熱量の約70%が窓からと言われる。 ペアガラスで熱伝達を
半減させる。
窓からの熱放射
(Ex:日差しが暑い)
遮熱フィルムで熱放射を
半減させる。
内部での熱の発生 人からの発熱 一般に0.2kW/人/hrの熱を発生する。
照明からの発熱 電化製品の消費電力が
そのまま発熱量に
近似できる。
LED導入等、省エネ家電の導入で熱の発生を半減させる。
家電からの発熱

従って、対象とする室内空間の利用目的や利用状況によって熱的負荷の主原因は変わり、それゆえ省エネ化の方法を一概に規定することができません。例えば観光ホテル(客室)の場合、人口密度も低く家電の利用も多くないことから、空間内での熱の発生は少なく、また四方が同じ部屋で囲まれているため、壁からの熱の侵入もほぼ無視できます。しかしながら、換気や脱臭を目的とした換気は過剰であり、眺望をよくするために窓の面積を大きくとるため、これらの熱負荷が大きな空調原因となることが多くなります。外食レストランの客席も、厨房と熱的に独立していればほぼ同様の傾向が認められます。
逆に工場であれば、工場内の作業を隠すために窓を小さく、またブラインドをかけるなどするため、窓からの熱負荷は軽微であると予想されますが、室内で稼動する設備から発生する熱負荷の一番の原因となり、天井(壁)から侵入する熱伝導が、次の原因となりやすくなります。窓の無い都心の商業店舗も同様の傾向にあると想定されます。
iQUEフィルムの省エネ効果を検討する時は、これらの熱負荷の全体像を勘案しながら、熱負荷に対する窓改修の寄与を試算することを最初に行います。そして、それゆえ対象施設で個別にシミュレーションを行うことが、改修工事の有効性を判断する第一歩となります。
次に、空調設備の改修の是非を行うことになります。空間全体の熱的負荷が示唆されていれば、理論的には、その熱的負荷の最大値を補償するのに充分な能力を有した空調設備で充分であると言えますが、室内空間のあらゆる場所で、熱的補償を一定にすることは実質上難しく、冷風(あるいは温風)の対流状況、日差し(直射日光)の斑、家電や人の分布状態など、様々な“バラつき”の因子を加味して、あるいは計算して、理論上の熱的負荷よりも大きな能力の空調設備を導入することになります。しかしながら、一般的に、容量の大きな空調ほど設備の省エネ効率が悪くなるので、大型の空調設備の導入は、節電には好ましくないという側面もあります。元々省エネ効率が悪く、あるいは劣化した旧型の空調設備を、技術的に進化して省エネ効率が優秀になった新型の空調設備に入れ替えることは、節電効果に大きく寄与することは疑いようもありませんが、合わせて空調設備を小型化することも節電効果に寄与する可能性があります。それゆえ、室内空間全体への熱的負荷を最小化する改修が、施設全体の省エネ改修に大きな貢献を果たすことになるのです。

iQUEフィルムによる省エネ効果のシミュレーション

iQUEフィルムの省エネ効果を試算するためには、様々な熱的負荷を計算し、その寄与率を試算することが検討の第一歩であることは先に御説明しました。ここでは、その試算例をまとめます。シミュレーションする部屋として、以下の条件を仮定します。

10m角・100m²の床面積、3mの高さの高層ビルの1部屋に、10人の社員がおり、それぞれ1台の大型PCを保有し、テレフォンサービスを実施している。北面に入り口があり、南・西の壁面の50%に透明窓を配しており、ブラインドはいつも開けている。それでも作業灯として、室内には合計600Wの蛍光灯が点灯している。窓を開けての換気ができないこと、社員に女性が多く、匂いがこもることから、脱臭を目的に、換気は3回転/hrで設定している。なお部屋は東京都内にあり、四方の日当りは非常に良い。

例えば、この条件を、8月中旬の猛暑日、14~15時でどのようなエネルギー収支になるかを試算してみましょう。この時の外部気温が36.7°C、室内温度が28°Cで温調されているとします。すると、想定される各熱負荷は表2の様に試算されます。

表2:仮定条件に基づく熱負荷の割合(改修前)

熱的負荷 前提条件 熱負荷量(W)
外部からの熱の流入 換気による外気流入 300m³×3回転=900m³ 2800
壁からの熱伝達 壁の平均熱貫流率=1.0で近似 850
窓からの熱伝達
(Ex:ガラスが熱い)
ガラスの熱貫流率=6.0で近似 1600
窓からの熱放射
(Ex:日差しが暑い)
遮蔽係数=1.0(効果無し)で近似 9000
内部での熱の発生 人からの発熱 100W/h×人数分で近似 1000
照明からの発熱 家電製品の消費電力から近似 1720
家電からの発熱

このときエアコンにかかる熱負荷の合計は、約17,000W(17kW)であり、窓からの熱放射(日射熱)の寄与は50%を超えることが予想されます。次に換気による外気流入が、対策すべき課題と言えそうです。
そこで、窓の省エネ改修方法の一例としてiQUE73FGの施工を行うとします。73FGは、透明性が高く、室内照明に大きな負荷を与えないので、照明から発生する発熱量の増加は、ほぼ無視できるものとします。そのときの同じ仮定条件でのそれぞれの熱負荷は、表3の様に変化、そのときにエアコンにかかる熱負荷の合計は、約12,000W(17kW)となり、30%の熱負荷がカットできると予想されます。これは、特にエアコンの交換を行わず、室内温度も不変であれば、この時間帯の空調にかかる電気代が30%削減できることを意味します。

表3:仮定条件に基づく熱負荷の割合(iQUEフィルム施工後)

熱的負荷 前提条件 熱負荷量(W)
外部からの熱の流入 換気による外気流入 300m³×3回転=900m³ 2800
壁からの熱伝達 壁の平均熱貫流率=1.0で近似 850
窓からの熱伝達
(Ex:ガラスが熱い)
ガラスの熱貫流率=5.35に改善 1400
窓からの熱放射
(Ex:日差しが暑い)
遮蔽係数=0.50に改善 4500
内部での熱の発生 人からの発熱 100W/h×人数分で近似 1000
照明からの発熱 家電製品の消費電力から近似 1720
家電からの発熱
 

 

このような計算を8月の猛暑日にて、0時~24時の全ての時間帯で計算すれば、図1の様な試算結果が算出されます。改修前後での熱負荷の差の積算値が、電力量の節電効果に直結しますが、同時に関東以西の西日本では、その最大値がデマンドの節電効果に直結します。つまり2重の効果で節電効果が期待できることを示唆しています。
これと同じ手法を用いて、春夏秋冬で計算を繰り返し、1年間を通しての熱負荷の変化を試算することもできます。
最後に、この熱負荷をエアコンの省エネ指数(COP値)で割ることによって、その時の消費電力量へ近似的に変換することができます。例えば現存のエアコンの省エネ指数が3.0であったとします。すると猛暑日の14時台に、改修前に室内に侵入していた17kWの総熱負荷を除去するために必要なエアコンの省電力量は、
17kW÷3.0=5.7kW
であるのに対し、改修後の同条件であれば、
12kW÷3.0=4.0kW
であることが試算されます。
この様にして、最終的な節電効果を1年間で試算することも可能となり(図2)、デマンド削減の効果も含めた年間での消費電力量の削減効果を試算することもできます。
例えば今回の試算では、対象施設に30m²のiQUEフィルムを施工したときの節電効果は、概ね75千円/年であると試算されます。これが、iQUEフィルムがもたらす節電効果なのです。